top of page
検索
  • shageidoweb

2024年度大会プログラム(6月7日追記)

更新日:6月7日

2024年7月20日[土]に専修大学神田キャンパス10号館におきまして、2024年度の総会および大会を開催いたします。

ご参加のほどよろしくお願いいたします。

【追記】各発表の概要文を記したプログラムは以下のリンクよりダウンロードできます。


2024 年度研究大会

日時:2024年7月20日[土]

会場:専修大学 神田キャンパス 10 号館 10114 教室、控え室 ゼミ 1012E 教室

(会場へのアクセスににつきましてはhttps://www.senshu-u.ac.jp/about/campus/ を、また教室にかんしましてはhttps://www.senshu-u.ac.jp/about/campus/の10 号館をごらんください)


12:30-12:50 開会挨拶・総会

一般発表

12:50-13:30

瀧口隆「ジル・ドゥルーズ『シネマ』における自由間接話法の射程」

(司会:⻘山太郎)

13:30-14:10

上野隆弘「オブジェ学とは何か——ダゴニェにおける芸術と工業」

(司会:池田忍)

14:10-14:50

細井綾女「『たった一つの、私のものではない言葉』:在日朝鮮文学の定義を問う」

(司会:小川歩人)

15:00-17:30

シンポジウム「言語と社会」

趣旨:「美しい書物は、ある種の外国語で書かれている」。プルーストがサント=ブーヴに抗して述べたように、言語芸術はしばしば特異な文体を伴いますが、それはなにより生き方の問題にほかなりません。たとえば日本語やフランス語といった言語は、特定の社会で、標準語の資格で、規範として機能して、一定の規則に従って読み書き聞き話すことを要求します。言語の使用は、慣用や慣習とは切り離せず、特定の社会での生を反映するのです。しかしながら、「言語」というものは、たとえ等質的にみえたとしても異質さを含んでおり、同一なものにとどまらず変化します。社会が内的に分化しているように、言語も職業や階級、人種、ジェンダーなどに応じて分化しており、「ひとつの」と数えられるメジャーな言語のうちで、マイナーな言語がざわめいています。そうした多言語的な状況下で、ひとはさまざまな言語と出会い、ときに、今までにない言葉を編み出すのです。それは、生き方の発明でもあるような「技法=芸術」であるでしょう。本シンポジウムでは、本学会の設立趣旨で掲げられる「多言語的」な志向に鑑みつつ、「言語と社会」のテーマのもと、言語の重層性や、生の最中で立ち上がる言語、他者の言語との出会いなどについて、言語理論、文学、哲学の観点から考えます。

  • 報告 (1) 平田公威「音から歌声へ、文から文体へ——ドゥルーズ゠ガタリのマイナー言語論を手がかりにした考察」

  • 報告 (2) 酒井麻依子「経験を言葉にもたらすこと—— 言語の権力」

  • 報告 (3) 深澤明利「私を作る記憶、記憶を作る私—— ウラジーミル・ナボコフ『記憶よ、語れ』を読む」(仮)

(司会:檜垣立哉)

閲覧数:191回0件のコメント

最新記事

すべて表示

『社藝堂』第11号論文募集期間延長のお知らせ

2024年発行の『社藝堂』(第11号)につきまして、現段階でご投稿の本数が少ない状況です。 当初の論文投稿の締切は2月29日でしたが、理事会での協議の結果、締切を3月31日まで延長することにいたしました。 投稿規定は以下のとおりです。 みなさまの積極的なご投稿をお待ち申し上げております。 __________________________________ 『社藝堂』投稿規定 論文は未発表のものに

2024年度大会での発表募集のお知らせ

社会芸術学会は来る2024年7月20日[土]に大会を開催いたします。 発表をご希望の方は、応募用紙をダウンロードいただき、必要事項をご記入の上、2024年4月末日までに、下記メールアドレスまでお送りくださいますようお願い申し上げます。その際、メールの表題には【社会芸術学会個人発表申し込み】と明記してください。 なお、開始時刻などの具体的なスケジュールの詳細は、発表が確定してからお知らせします。 応

『社藝堂』第11号論文募集のお知らせ

社会芸術学会の機関誌として、広く会員の意欲的な投稿を歓迎します。投稿締切は2024年2月末日、投稿先は以下の編集担当メール(editorsocialaesthetics [at] gmail.com)です。 投稿規定をご確認のうえ、奮ってご応募ください。 論文は未発表のものに限ります。 原稿は日本語・英語とも横書きで、字数は、日本語の場合は20,000字(400字詰原稿用紙換算で50枚)以内、英語

Comments


bottom of page