top of page
検索
  • shageidoweb

2022-23 年大会 プログラム

7月30日[土]に開催いたします大会のプログラムをお知らせします。

なお、今年度の大会はオンラインにて行います。URLは7月7日付で会員メーリングリストにて配信をしておりますそちらをご確認ください。

メール未着という方はお手数ですが、学会長までお問い合わせください(contact.shageido [at] gmail.com)。


12:45-13:00 開会挨拶ならびに総会 澤田美恵子

13:00-16:00 シンポジウム「いかにしてイメージに触れるのか」

報告(1) 荻野雄「映画はなぜ「物理的現実の救済」なのか?/クラカウアーの『映画の理論』について」

報告(2) 岡元ひかる「イメージの模倣を超えて/舞踏家・土方巽が目指した「騙されやすい注意力」について」

報告(3) 小森はるか「見えないけどここに在る、を映すために」

パネルディスカッション 荻野雄、岡元ひかる、小森はるか

(司会・進行:青山太郎)

一般発表

16:10-16:40

有馬景一郎「フェリックス・ガタリの絵画論における、主観性の生産の意義」

(司会:吉川順子)

16:40-17:10

林宮玉「ジョルジュ・バタイユの文学論/「超過分」としての文学が向かう外部とは何か」

(司会:若林雅哉)

17:10-17:40

杉﨑哲子「筆文字の印象の言語化について」

(司会:檜垣立哉)

17:40-17:10 閉会挨拶 澤田美恵子


各発表の要旨については添付資料をご確認ください。

閲覧数:201回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年度大会プログラム(6月7日追記)

2024年7月20日[土]に専修大学神田キャンパス10号館におきまして、2024年度の総会および大会を開催いたします。 ご参加のほどよろしくお願いいたします。 【追記】各発表の概要文を記したプログラムは以下のリンクよりダウンロードできます。 https://www.dropbox.com/t/BYUzHdMtuznh212p 2024 年度研究大会 日時:2024年7月20日[土] 会場:専修

『社藝堂』第11号論文募集期間延長のお知らせ

2024年発行の『社藝堂』(第11号)につきまして、現段階でご投稿の本数が少ない状況です。 当初の論文投稿の締切は2月29日でしたが、理事会での協議の結果、締切を3月31日まで延長することにいたしました。 投稿規定は以下のとおりです。 みなさまの積極的なご投稿をお待ち申し上げております。 __________________________________ 『社藝堂』投稿規定 論文は未発表のものに

2024年度大会での発表募集のお知らせ

社会芸術学会は来る2024年7月20日[土]に大会を開催いたします。 発表をご希望の方は、応募用紙をダウンロードいただき、必要事項をご記入の上、2024年4月末日までに、下記メールアドレスまでお送りくださいますようお願い申し上げます。その際、メールの表題には【社会芸術学会個人発表申し込み】と明記してください。 なお、開始時刻などの具体的なスケジュールの詳細は、発表が確定してからお知らせします。 応

Comments


bottom of page